スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

12月, 2014の投稿を表示しています

リアル謎解きアトラクション 「サンタが町にやってこない」 終了しました。

12月20日(土)は雨のため当初予定していた「広場de謎解き」を中止となりました。
しか~~し! せっかく来ていただいた参加者、問い合わせていただいた参加者のため急遽、センターパレス地下に謎を設置して開催!
男女入り混じって楽しんでいただきました。

今回は、初めての方も多かったため難易度を下げた謎を提供。

全チームが60分制限で30分~45分でクリアするという、「あれ?謎の難易度と量を下げ過ぎたかな?」という展開になりましたが、多くの方から「めっちゃ楽しかったのでまたきます!」と言っていただきました。

さらに謎解きは早く終わっても、その場に残ってみんなでワイワイしゃべていたり、こちらがまったく意図していなかった仕掛けによって、自然な連絡先交換ができたりとイベント自体は大変盛り上がりました。

次回は…3月を予定しているようです。

ボリビア人在住者全国2位の三重県で日本とボリビアの交流の場をつくりたい!

現在(2014年1月4日まで)、FAAVO 三重にてNPO法人 日本ボリビア人協会さんがクラウドファンディングに挑戦しています。

代表の山田ロサリオさんの温かいお人柄に触れ、私も寄付しました。

内容を読まれて「おっ!興味あるなぁ」という方がいましたら、3,000円から寄付できますので、ぜひご支援ください。


以下、FAAVO三重より

地域のボリビア人と日本人との交流イベントとして、過去6年間「Expo Bolivia in みえ」を開催してきました。今年度は日本とボリビアの外交樹立100周年に当たるので、特別なイベントを開催します。


EXPO BOLIVIA in みえ2015の開催資金を募集します!


こんにちは、「日本ボリビア人協会」の山田です。
わたしたちの団体は、在日ボリビア人(おもに三重県在住)が中心となって、構成されている団体で、在日ボリビア人の自助支援とともに、地元の日本人との交流も行っています。
私は、ボリビア人と地域の日本人との間にずっと続いていく繋がりを作っていたいと考えています。これまで
地域のボリビア人と日本人との交流イベントとして、過去6年間、「Expo Bolivia in みえ」を開催してきました。今年度は、ちょうど日本とボリビアの外交樹立100周年に当たるので、特別に、「日本・ボリビア人外交樹立100年周年イベント」を行います。そのなかのひとつとして、「Expo Bolivia in みえ 2015」を行うことになりました。

今回はイベントの開催資金をFAAVOで募りたいと思います。


詳細・寄付はこちらから


多くのボリビア人が三重県で生活しているにもかかわらず、まだまだボリビアという国のことを三重県の人々は知らない人が多いと思います。 また、ボリビア人にとっても、同じことが言えます。
三重県在住のボリビア人にとって、このイベントは、地元の日本人と交流できる貴重な場となります。ひいては、日本社会に溶け込むきっかけともなります。 また日本生まれのボリビア人の子どもたちにとって、親の国であるボリビアの文化に触れ実体験できる場ともなります。 そのことで子どものアイデンティティの形成に役立ちます。日本人にとっても、ボリビアの国をよく知るきっかけとなり、三重県の多文化共生に貢献できると考えます。

このイベントは、これから次の50年や100年を日本で生き続けていくボリビアの子ど…

【12/20】 リアル謎解きアトラクション「サンタが町にやってこない」「12人の的外れな証言」参加者募集中!

リアル謎解きアトラクションの小道具づくり。
こういう作業って楽しい。

諸事情があって、12月20日(土)開催の「サンタが町にやってこない」も「12人の的外れな証言」も無料となりました。

せっかく無料になったんで、「三重でおもろそうなことやってるからちょっと顔出してみるか」ぐらいの気持ちでたくさんの方にご参加いただけると幸いです。

あっ、ちなみに、「サンタ~」の第1部の男性は定員に達しました。

場所は津市まん中広場。
時間は1回90分です。


津市美里にできた新しい劇場へ「シンデレラ」を観に行きました。

先日、津市美里町にできた新しい劇場「テアトル・ドゥ・ベルヴィル」へこけら落とし公演となる「シンデレラ」を観に行きました。

先日と言っても、11月の下旬です。
この記事、ずっと途中の状態で下書きに保存してあって、かなり日が経ってしまいました。


で、劇場の名前にもなっている「ベルヴィル」はフランス語で「美しい里」という意味だそうです。

4,000人の人口もいない津市の美里という地域(旧美里村)。

そこにNPO法人 パフォーミングアーツネットワークみえNPO法人 サルシカ、そして第七劇場が民間の小劇場を開設しました。

さらに第七劇場の鳴海さんたち数名は東京から美里へ移住してきたという…なんというか…驚きまですね。
東京から美里へ…。

いや、驚きです。

そして、三重県津市という小さな地域で良質な文化芸術にふれることができるのは本当に幸せなことです。

ホントにありがとございます。

演劇の内容としては、様々にあるシンデレラのお話を上手くオリジナルにミックスされている内容でした。
ガラスの靴は出てこない。
魔法使いも出てこない。
オリジナルの歌がでてくる。

運命に立ち向かい、人生の選択をする1人の少女のお話。

笑いあり、感動ありの、じんわりと心に染みいるステキな作品でした。

この作品は三重県が初公演。

これから全国に飛び立っていくんだと思います。
もしもみなさまの地域で公演されることがあればぜひ観に行ってください。

きっと心があたたかくなると思います。

ボリビアと日本の異文化交流のためのチャリティーフットサル大会

本日は日本とボリビアの異文化交流を兼ねたフットサル大会を開催しています。
そして現在、大会中にこの書き込みしてます。
まとまった記事は後日アップしますが、下記URLのプロジェクトの一環でチャリティーの要素を含んだ大会なってます。
私は主催ではなくサポート役。
https://faavo.jp/mie/project/401
ちなみに運動音痴なのでフットサルはしてません(笑)。