スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

3月, 2015の投稿を表示しています

予告動画 【リアル謎解きアトラクション第7弾「津駅前の潜伏者からの挑戦状」】

今週末開催の、リアル謎解きアトラクション第7弾「津駅前の潜伏者からの挑戦状」の予告動画をスタッフが作ってくれました~。
なかなか良い出来!
雨だけが心配。
#三重県 #津駅前 #謎解き


月曜日のラーメン屋

毎週、月曜日の20時頃に家の近くをラーメン屋が通ります。
軽バンで、それっぽい音楽を流しながら走っています。
アナウンスもなく、車に何の表記も塗装もなく、結構な速さで走らないと追いつけないぐらいのスピードでやってきます。
引っ越したばかりのときは、何かよくわかっていなかったのですが、ある日、正体を突き止めようと、暗い夜道、音のする方へ走っていって、めっちゃ追いかけて、車を止めました。
止めてから、ラーメン屋であることがわかりました。
よく考えたら、ラーメン屋じゃなかったら、アウトな人でしたね。
月曜日はいつも帰りが遅くなってしまいますが、たまに早く帰れた時は、おっちゃんの車を全力で追っかけて止めて、ラーメンを買います(持ち帰り)。
ただ、音から判断し、どの辺りにいるのか探し出すところから始まるので、本気でお腹すいているときは、買いにいくことができません。
おっちゃんは、地元が北海道らしく、津市の方が風が強くて寒いと言ってました。
お値段は、一杯550円。

平成26年度最後の亀山市での「市民活動なんでも相談」でした

2ヶ月に1度、亀山市にある「亀山市市民協働センター みらい」という施設で、市民活動関連の相談員をさせていただいています。

その名も「市民活動なんでも相談」。

ドンッとこい!という感じの名前ですね。

依頼主は、亀山市役所。

昨年度は月に1回、今年度から予算の関係で2ヶ月に1回となりました。

継続的にご相談していただける方から、新規で相談にみえる方まで様々です。

まぁ、なんでも相談という名前だけあって、何か1つの深い専門性というよりは、課題解決に臨むための入口的な相談会です。

悩みの本質を一緒に掘り下げていきましょうという60分です


前回の相談は、現在、FAAVO三重で、クラウドファンディングを行っている「福祉のめんめんフェスタ」(6月開催予定)について。

そして、フラワーセラピーを普及させたいという方からの、広報についてのご相談でした。

どちらも今後、継続的にお手伝いさせていただくことになると思います。

毎回、頼りない僕のサポーターとして、津市NPOサポートセンターの准認定ファンドレイザー 兼 フードファイターの片山が同席してくれてます。


【4/5】 リアル謎解きアトラクション第7弾「津駅前の潜伏者からの挑戦状」

3月に開催したリアル謎解きアトラクション第6弾「伝説の武器研究室から1カ月。

第7弾は、なんと屋外&「津駅前ストリートまつり」というイベント内で開催だ


リアル謎解きアトラクション第7弾 「津駅前の潜伏者からの挑戦状」
ストーリー
4月5日。イベントで賑わう津駅前。
そこには特殊捜査官の捜査員たちが配置されていた。

理由は、イベント前日に届いた1通の手紙。

「ネェ。アソボウヨ。
ソウダ カクレンボ ヲ シヨウ。
ボクガ ダス ナゾヲ テガカリニ ボクノ イルバショヲ ミツケテミテヨ。

制限時間ハ60分。
モシモ ボクヲ ミツケラレナカッタラ…。
ドッカン!!!ダ。アハハハハハ!」

手紙の差出人は”潜伏者”と名乗る人物。

君たちは特殊捜査官となり、チームを組んで、潜伏者から出される様々な謎を解き、潜伏者の企みを阻止できるのか!?

チームで手分けして「津駅前ストリートまつり」内を探索し、潜伏者の居場所を特定しろ。

『サンタが町にやってこない』『伝説の武器研究室』に次ぐ、リアル謎解きアトラクション第7弾。



プレイスタイルと注意事項

・4人1組のチームで謎解きに挑んでいただきます。
・お1人での参加も大歓迎です。どなたかとチームを組んでいただきます。
・友達同士で参加される場合は、できる限り同じチームになるように組ませていただきますが、参加人数によっては難しい場合もあります。
・チームのメンバーと協力しながら謎を解いていってください。協力しながら謎が解けたときは何とも言えない達成感があります。
・このイベントでは、実際に体を動かしながら頭を使い謎を解いてきます。楽しんで謎を解いていってください。


概要

日 時:2015年4月5日(日)
  (1)10:30~ 
  (2)13:00~ 
  (3)15:00~ 
の3公演
※1回のイベント時間は約90分です。①②③ともすべて同じ内容となりますのでご都合の良い時間帯をご予約ください。

場 所:津駅前ストリートまつり「リアル謎解きアトラクション」ブース内

対 象:大人向けの謎解きゲームです。13歳以上を推奨しています。

定 員:各回20名まで

参加費:一般 1,500円  学生 1,000円

※「前売り」は事前に下記申込み先にてお申込みいただいた方に適応されます。
※お支払いは当日会場にてお願い致します。
※学生の方は当日会場にて学生証をご…

「伝える→伝わるコミュニケーション」松阪市共同募金の集いで講師でした。

3月15日(日)は、松阪市社会福祉協議会さん主催の「松阪共同募金のつどい 伝える→伝わるコミュニケーション」に、コーディネーター 兼 講師としてお邪魔してきました。
参加者90人超え。 スゴイね。社協の集客力。
そして、久しぶりの松阪でのお仕事!ということで気合い入っていました。
講師部分は、20分間という短い時間ですが「伝える、伝わるって何だろう」と考えるきっかけのお話をさせていただきました。
どうしても伝える側も伝えられる側も、過去の経験をもとに、ものごとを想像して判断してしまう。 「経験」とどのように向き合うのかという簡単なお話をさせていただきました。
かなり早口になってしまったことは反省。
内容に関しては、話し終ったあとすぐに大きな拍手をいただいたことや、アンケート結果を見ても、まずまずだったことから、良かったのかなぁと思います。

コーディーネター部分は、パネルディスカッションの進行役です。
資金を集める人として、寄付付き商品を販売協力していただいた「深緑茶房」の堀川代表。 集った募金を活用する(助成を受ける)人として、「松阪国際交流協会」の古市代表。
この2名のお話を、よりわかりやすくお伝えするハブ役をおおせつかりました。
お2人ともトークが達者で、話の構成もしっかりされていたので良かったと思います。 こちらもアンケート結果は上々でしたね。

順番は前後するのですが、イベントの最初に「MKB(松阪・共同・募金だったかな?)劇場」という、松阪社協の有志たちが「募金」や「伝える・伝わる」をテーマに寸劇を行いました。

これが、なかなかよくできていて、面白かったです。
会場もグッとあったまりました。



最後には、社協職員作成の「ありがとうメッセージ動画」が流され、いい感じでクロージングとなりました。

参加者のみなさま、登壇者のみなさま、社協のみなさま、本当にありがとうございました。

大阪「まちライブラリー@リバーサイド天満」に行ってきました!

油断しているとすぐに更新が止まってしまう。
それがブログの恐ろしいところ。

ということで、3月13日は、研修の一環で、三重県津市のコミュニティスペース「kaidan」担当の服部さんと、クラウドファンディングサイト「FAAVO三重」担当の片山さんと一緒に、大阪にある「まちライブラリー@リバーサイド天満」に行ってきました!


お忙しい中、川辺社長、酒匂さん、小宮さんに、長時間ご対応いただきました!
本当にありがとうございました!!


今後、クラウドファンディングをどのように進めていくべきか。
そして、コミュニティスペース、コワーキングスペースとしてどのような展開を考えられているのかを教えていただきました。

ホントに、パワーもらいました!知識もいただきました!

三重県の、クラウドファンディング、コミュニティスペースを始めとして、地域の様々な取り組みや仕掛けを、ガンガン盛り上げていきたい。
そんな気持ちになりました。

がんばろ。



【報告】 リアル謎解きアトラクション 第6弾 「伝説の武器研究室」 終了しました

3月7日(土)は、 リアル謎解きアトラクション 第6弾 「伝説の武器研究室」でした。

参加者は、10時30分に8人(2チーム)、13時30分に4人(1チーム)、16時に18人(5チーム)の計、30人(8チーム)となりました。

ストーリーは、魔王によって破壊された伝説の武器を、謎をといて復活させ、転送装置で勇者のもとに送り、参加者自身も自らのエンディングを迎えるというもの。


いたらない点などありましたが、参加者のみなさま含め、様々な方のご協力のもと、無事終了することができました。

今回は、市外・県外の方からたくさんご参加いただき、大阪からいらっしゃった方からはお土産までいただきました。

ボランティアのみなさまにも熱演していただき、本当に本当にありがとうございました。

ちなみに時間内に脱出できたのは、8チーム中1チーム。

10時30分回に参加されたAチーム(52分)でした。

おめでとうございます!


2位は、13時30分回に参加されたAチーム(68分) 3位は、10時30分回に参加されたBチーム(70分)
あとは、16時回に参加された、A(71分)、D(72分)、C(73分)、B(75分)、E(82分)チームと続きます。


主催組織の性質上、この手の大仕掛けの謎解きは連発できませんが、またどこかの機会をみて再演したいですね。
みなさま、ありがとうございました。
次回は、4月5日に津駅前ストリート倶楽部で開催されます。 情報はもうすぐ出します。
もう少々お待ちくださいね。

【3/7】 伝説の武器研究室まであと2日

リアル謎解きアトラクション 第6弾 「伝説の武器研究室」開催まで、あと2日。
現在、最終調整中。

参加者全員に、オリジナル缶バッジをプレゼント

ちょっとだけ当日の雰囲気をのぞける謎のサンプルこちらから



投稿 by リアル謎解きアトラクション.

ジョジョリオン9巻

ジョジョリオン9巻。

クワガタ対決。

おもしろかった!

【3/5】 +200円で「ほっこりあたたかく」。ひろばdeスープバー開催。

明日(3月5日)は、「ひろば de スープバー」です。

津市まん中広場で行う、今年度最後のイベントは、2年前にコミュニティレストラン「O+(オープラス)」でシェフをしていた主婦たちが集う、心と体があったまるスープバー。

1杯200円。

まだまだ、寒い日が続きます。
いつものお弁当に+200円で、“ほっこり”を付けるのも、いいかもしれません。

明日だけの限定です。


クラウドファンディング勉強会。2月最終回。

2月28日(土)は、2月最後の「クラウドファンディング勉強会」でした。

今回は、起案者向けの勉強会。
3名の方にご参加いただきました。

プロジェクトを起案するまでに必要な情報を整理し、さまざまな事例を勉強しました。

新たなプロジェクトは立ち上がるのか!

乞うご期待!

kaidan2周年記念イベントでした!!

2月27日(土)は、コミュニティスペース「kaidan」の2周年記念イベントでした!

みなさまのおかげで、2015年2月1日にkaidanも無事(?)、2歳を迎えることができました。
本当に、本当に、ありがとうございました!


みんなで持ち寄った料理を食べたり、HAMAリンピックというボードゲーム大会を行ったり、2周年を振り返るスライドを見たり、本当に楽しい3時間でした。
3周年イベントもみなさまと一緒に過ごせるように、kaidanはますます頑張っていきたいと思います!

「kaidanへの入会」、「コミュニティスペースのつくりかた」の講師依頼などは、津市NPOサポートセンターまで。


投稿 by コミュニティスペース「kaidan(カイダン)」.


投稿 by コミュニティスペース「kaidan(カイダン)」.



投稿 by コミュニティスペース「kaidan(カイダン)」.

【報告】 ボードゲームをつかったコミュニケーション講座 平成26年度最終回

以前にも書いたように、「若者就業サポートステーション・みえ」さんで、ボードゲームを活用したコミュニケーション講座というものをさせていただいています。

2月27日(金)は、平成26年度最後となる講座でした。

当然、今回も新ネタで勝負です。

ありがたいことに、定員12名のところ、事前予約で満席。
当日キャンセルが2名あったので今回は10名でした。

今回は、年度最後になるので、「楽しく、ワイワイと」「振り返りシートを作成してほしい」というご要望に応じて、講座をデザインしました。

さらに、助っ人として、津市NPOサポートセンターの服部奈々に講座の一部をお願いしました。


写真ではわかりにくいですが、服部が進行した部分は、参加者みんなで、ワイワイと相談しながら、かなり盛り上がっていました。

僕のときより盛り上がっていたので、やられました(笑)。



今回は、ミニゲームをいくつかチーム戦で行い、その合間合間に、振り返りを行うというもの。
振り返りシートも少し工夫をしました。
人はどうしても、ゲームをするときや、人と話をするとき、「鉄板で安全」な方法をとってしまいがちですが、新たに導入した振り返りシートにより、「様々なことを試すことが楽しい」ように仕掛けをしました。


アンケート結果は、「とても満足」「やや満足」「普通」「やや不満」「とても不満」の5段階で、10人中8人が「とても満足」、2人が「やや満足」と評価していただきました。

また、「とても役立つ」「少し役立つ」「普通」「あまり役立たない」「役立たない」(だったかな?)の5段階評価でも、全員が、役立つに○をしていただきました。


ご参加いただいたみなさま、サポステのみなさま。
1年間、本当にありがとうございました。



ボードゲームを使ったコミュニケーション講座のご依頼は、津市NPOサポートセンターまで!


【スタッフ募集】 津市市民活動センター、みえ市民活動ボランティアセンター

現在、津市市民活動センター(パート)、みえ市民活動ボランティアセンター(フルタイムとパート)の2か所で、スタッフを募集しております。

なぜこの時期に募集しているのか?

どちらも偶然なんですが、

 1)出産をするスタッフがいる
 2)就職のため3月までの学生スタッフがいる

という理由で、2名以上の募集となっております。

ご興味のある方はぜひご応募ください。

津市市民活動センター パート

みえ市民活動ボランティアセンター フルタイム

みえ市民活動ボランティアセンター パート