スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

4月, 2015の投稿を表示しています

【連携企画、募集中!】 今年も12月に開催します。3年目となる「市民活動・NPO月間」

今年もやってきた三重県の「市民活動・NPO月間」。

簡単に言うと、特定非営利活動促進法が施行された12月に、もっと多くの人に市民活動やNPOに触れていただける機会をつくろうと、三重県各地で様々な催しを開催する企画です。


今年で3年目。


3年目となる今年の最も大きな変更点は、昨年度まで、こちらから依頼していた「協力企画」を、公募型の「連携企画」へと変えた点。

金額は安いですが、より多様で、よりニーズの高い企画になることだと想定されます。


内容をみて「応募してみようかな」と思われた団体は、ぜひご応募ください。

ちなみにトップの画像は昨年度のもので、今年のテーマは「未来をつくる新しいチャレンジ」です。



▼以下、募集内容


市民活動・NPO月間の啓発の一環として2013年度より行ってまいりました「市民活動・NPO月間」ですが、今年度も12月開催となっております!

募集内容、対象等は下記の通りです。

○●○市民活動・NPO月間 連携企画募集要項○●●

1.事業概要

【実施目的】

NPO法の施行月である12月を市民活動・NPO月間と定め、県内各地で市民活動・NPOについて集中的に広報・啓発を行うことにより、活動に対する県民の理解を深め、参加につなげることを目的としています。

【実施期間】

2015年12月1日~12月31日

【主催】

三重県

みえ県民交流センター指定管理者 特定非営利活動法人みえNPOネットワークセンター

【テーマ】

未来をつくる新しいチャレンジ

【協力】

県内中間支援団体

県内市民活動(支援)センター

各市町

連携企画先

【位置付け】

・三重県:事務局

・みえNPOネットワークセンター:事務局、催し及びキャンペーンの実施

・県内中間支援団体:月間のPR協力

・県内市民活動(支援)センター:月間のPR協力

・各市町:月間のPR協力

・連携企画先:月間のPR協力、催しまたはキャンペーンの実施

2.募集内容

事業にご賛同の上、県内各地で下記テーマに沿った協力企画を実施いただける方を募集しております。

①市民活動・NPOの啓発  

ex)ボランティア入門講座、市民活動フェスティバル

②市民活動団体・NPO団体の基盤整備 

ex)パンフレット作成講座、会計相談会

③NPOと企業の協働 

ex)協働を促進するセミナーや講座、NPO×企業で商品開発

④NPOと行政の協働 

【4/25】 1度きりじゃなく、何度もプレイしてみたい!土曜日にゆるりとボードゲームで楽しもう!「土曜ゲームkai」第1回開催。

どうも。カワキタです。

さて、さて。
4月なので、新企画というか、なんというか、まぁ、懲りずにボードゲームの企画なんです。
特に代わり映えはしません(笑)。


コミュニティスペース「kaidan」では、毎週木曜日の夜(18時~22時)に「ボードゲームBar!」と呼ばれる、アナログゲームのイベントを開催しています。





三重県津市で毎週ボードゲームのイベントが開かれているのはココぐらいです。


毎回10人~20人ぐらいの方に参加していただいており、1つのゲームを1回やっては次のゲームという感じで、結構早いペースでいろんなゲームをやったり、2時間ぐらいかかるゲームを1回だけやったりという感じで進んでいます。

そのとき集ったメンバーで、各々やりたいものをプレイするといった雰囲気ですね。


ちなみにゲームの数は、会員さんが持ってきてくださったものなどもあり、150以上あります。
たぶん。





まぁ、そこで、少し思ったわけです。


私のような、「1つのゲームを何回か、そしてワイワイとやりたい派はどうすればいいのか?」と。


しかも、「その1つが、2時間とか3時間かかるものではなく、30分~60分ぐらいで終わるものを何回かやりたい場合はどうすればいいのか?」と。




パンが無いならお菓子を食べればいいじゃない。

それが無ければ作ればいいじゃない。



ということで、1回やってみようかなという流れに自分の頭の中で至りまして、土曜日ゆるりと開催してみようということになりました。


それが、「土曜ゲームkai」というワケです。


で、ボードゲームBar!と違い、その時の担当者が、当たり外れがありながらも、オススメするゲーム(2~4個)を何度もやってみるというコンセプトですので、これでいこうかなというラインナップを選んでみました。


当日フタを開けてみないと人数がわからないので、変更があるかもしれませんが、第1回担当者である私の希望をあげてみます。



候補1:あてずっぽ殺人事件


犯人は踊る」や「藪の中」のような、手札を他のプレイヤーと交換しながら犯人を充てて行く推理系パーティーゲームですね。

各2枚ある7人の登場人物の中から、被害者と犯人をランダムで抜き出し、残りのカード+特殊カードをプレイヤーの手札としながら、推理していくもの。
手札がなくなると脱落なので、手札がなくなる前に、あてずっぽでいいので犯人を言い当てる。

【4/27】 やおきんさん、ぜひスポンサーに! 「利きうまい棒会」開催

どうも。カワキタです。

あれは2年前。

担当者が、利き酒ならぬ「利き水」会をしたいと言ったので、「いいよ」と答えたのが始まり

最初は3人しか集まらなかった利き会も、回を重ねるごとに新規のお客様を獲得し、小さなコミュニティをつくるきっかけになるまで、成長しました。

私はノータッチですが、担当者はかなり頑張ってくれたと思います。


過去には、


利きプリン会」をやったり、





利きちくわ会」をやったり、




利きヨーグルト会」をやったり、




利き食パン会」やったり、




利き納豆会」やったりと、いろいろ無茶をやってきた、三重県津市のコミュニティスペースでありコワーキングスペースでもある「kaidan」(と担当者)ですが、今回は、なんと…




何をするかというと…






今回のテーマは…






ドルルルルルルルルル・・・






バンッ!!!








利きうまい棒会」!

想像通り!


タイトル&トップ写真でわかってましたね。

タメることではないですね。



やおきんさん!
スポンサーになってくれませんかね。


ということで、利きうまい棒会の詳細はこちら

◇日 時 2015年4月27日(月) 19時~22時
◇場 所 kaidan(三重県津市大門10-7 ピッチャーズビル4階 最上階です。)
◇定 員 10名程度 
◇参加費 kaidan会員 305円 / 非会員 705円
◇対 象 18歳以上の方 
◇お申し込み
材料を購入しますので、前日までにご連絡ください。
facebookで参加表明していただくか、もしくは、HPの「イベント申し込みページ」からお申込みください。


kaidanでおこなっているこの「利き○○会」の取り組み、おもしろいやん!と思っていただいた企業のみなさま。
スポンサー募集しております☆
お問合せは、kaidan@tsushimin.orgまで。



#三重県
#津市
#コミュニティスペース
#コワーキングスペース
#利き会



【5/15】 羊?蛙? 5月の手作り雑貨教室は「羊毛フェルトでカエルのメモクリップを作ろう」

どうも。カワキタです。
みなさん、あまりご存知ないかもしれませんが、津センターパレス地下には、ハンドメイド雑貨のレンタルボックスショップ「ハコチカ」とうものがあります。 (運営:津市NPOサポートセンター)

ババーン!

写真が荒い!

まぁ、三重県津市というド田舎にもあるんですよね。 そういうオシャレなものが。

そんな「ハコチカ」では、ハコをお借り頂いている方、通称「オーナー」の方に、そのステキな技術を存分にふるう講師になっていただき、手作り雑貨のつくり方を教えてもらう「手作り雑貨教室」というものを、不定期に開催しています。

5月の開催は↓


題して、「羊毛フェルトでカエルのメモクリップを作ろう


羊なのかカエルなのかわかりませんが(カエルです)、とにかくオシャレでカワイイ。


この手作り雑貨の体験教室が、材料代込で2,000円!
消費税も込んでて、なおかつコーヒーとお菓子もついてくる。

そして定員が少ないため、いつもすぐに埋まってしまいます。

気になる方は、ぜひ、お問合せください。


【日 時】5月15日(金)(1)10時~13時 (2)14時~17時  (どちらかご都合の良い時間をお選びください。内容は同じです。)  【講 師】ハコチカオーナー 坂井千文さん  【定 員】7名  【参加費】2,000円(材料代、コーヒーお菓子付き)  【対 象】16歳以上の方ならどなたでも  ※針などを使用するため、小さいお子さまを連れての参加は御遠慮ください。 【場 所】津センターパレス地下1階 研修室  【申 込】電話、メール、窓口にて、事前申し込み(先着、定員になり次第締め切ります。)  *******************************
【主催・問合せ・申込】
津市NPOサポートセンター(ハコチカ担当:浜口、古川、高岡、平中)
〒514-0027 津市大門7-15 津センターパレス地下1階 津市市民活動センター
TEL:059-227-5200 FAX:059-213-7201
Email:tsusimin@ztv.ne.jp URL:http://hakochika.seesaa.net/詳細はこちら


そんなわけで、スタッフも、事前に講師に教えてもらい体験してみました。



ニードルと呼ばれる特殊な針で、緑の羊毛をチュクチュクとつついていき、形を整えていきます。

すると・…

「ONE POINT SIX」名刺できました。

どうも。カワキタです。

以前に、つぶやいてから約5カ月。

やっと名刺ができました。
名刺ができただけで、まだホント、外に出せるようなものは固まっていません。

が、着実に一歩ずつ。

新しいことを創っていくための大切な箱。

団体の名前は、「ONE POINT SIX (ワン・ポイント・シックス)」。

がんばろ。


多文化理解イベント「Hand in Hand」平成27年度Ver.の準備が始まりました。

どうも。カワキタです。

先日、みえ市民活動ボランティアセンターが主催する多文化理解イベント「Hand in Hand」の、平成27年度バージョンの打ち合わせを行いました

(※写真は、全て平成26年度のイベントのものです)


昨年度は、僕も企画段階から大きく介入させていただき、対象を「誰でも」から「小中学生」へ、内容を「なんでもありのお祭り」から、「楽しみながら多文化が学べる授業」にシフトチェンジしました。



参加人数は、平成25年度と比べて減ってしまったけど、アンケート結果はまずますの反応をいただきました。


今年はさらに対象を絞りながら、楽しく濃く学べる機会を提供できるイベントにしたいと考えております。

開催は12月。

うしっ!がんばろ!


【4/24】 ボードゲーム×女子会=「ボードゲームで女子会」

どうも。カワキタです。

ボードゲーム と 女子会

もう、何も言うことはありません。

ただただ、本当に、楽しそう。

場所は、三重県津市のコミュニティスペース「kaidan」


現在、参加者募集中。詳細はこちら。


【4/19】 プロフィールづくりが苦手なあなたのための「プロフィールをつくろう」という企画

※4月18日時点で、既定の人数が集まらなかったので延期になったようです。


どうも。カワキタです。

毎回、講師に呼ばれるたびに苦労することがあります。
それは・・・プロフィール

みなさん、プロフィールってどうやって作ってるんですかね?

写真撮られるのが苦手で、イラストって感じでもないので、いつも適当な写真をつけてしまっています。

いままでの経歴とかも、たいして何もしてきていないので、適当な経歴を載せてます。

社会的な肩書もたくさんあるわけでもないですし。


どや!ワイのこの感じ…どや!
という「どや感」を出すのも苦手です。


「チラシつくるので、簡単なプロフィールと写真ください」とか言われると、「えっ…。」と身構えてしまいます。


そんな、私の想いに共感していただける方に朗報です。

4月19日(日)のお昼から、コミュニティスペース「kaidan」にて、プロフィールをつくる会が開催されるそうです。

私もいっちょ参加してきます。

良いプロフ作ってきます。


詳細はこちら

誰もが働くことのできる社会に。 障がい者と企業の交流イベントを開催したい!

どうも。カワキタです。

現在、クラウドファンディングサイト「FAAVO三重」にて、お仕事も含め個人的に応援しているプロジェクトがこちら。

誰もが働くことのできる社会に。
障がい者と企業の交流イベントを開催したい!


ということで、障がい者雇用云々はもちろん大切ですが、このプロジェクトの代表である渡邊さんのお人柄にひかれての応援でもあります。


↓が代表の渡邊さん


人生の大先輩ですね。
この方の行動力と人望、そして、いろいろあるけど最後は上手くまとめ上げてしまう手腕は、本当に素晴らしい。


このプロジェクトのレポートにも書いてありますが、プロジェクト中に以下のような心温まるお話がありました。

プロジェクトのレポートより抜粋しています。



とても感動するできごとがありました。
山口紘希くんという高校生から、渡邊さんへと、写真のようなメモと支援金をお預かりしました。
貯金箱に950円貯まっていたそうです。
そこに、お母さんが50円を追加し、1,000円にして、私のところに持ってきてくれました。
嬉しさと感動が、グググッと、こみ上げてきました。
私もいま、このプロジェクトとは別に、イベント開催の協賛金を集めるため東奔西走しております。
何としてでも成功させたい!
本当に、本当に、心から奮い立たされました。
ありがとうございます!<3月25日のレポートより抜粋>


4月5日(日)に行われた亀山城の「桜まつり」で、施設の女性から、手づくりの紙挟みの作品を販売した売上の一部を、「福祉のめんめんフェスタ2015」にご寄付いただきました。
貰っていいのかな~。
大事に大事に使わせて貰います。
ミカちゃんありがとう!


この紙挟み、頑張っても、一日一個しかできないそうです。
連日、福祉のめんめんフェスタのために作ってくれています。
私も便利に使わして貰っています。
皆様もどうぞ使ってみてください。
※紙挟みは、リターン品になっています。<4月6日のレポートより抜粋>

イベント開催費用などは、クラウドファンディング以外でも、企業協賛などを集められているようです。

あと約2週間。
残り、22,500円。

いや、ホントに達成していただきたい!
応援しております!



誰もが働くことのできる社会に。障がい者と企業の交流イベントを開催したい!


【報告】 リアル謎解きアトラクション「津駅前の潜伏者からの脱出」

どうも。カワキタです。

報告が遅くなりましたが、4月5日(日)は、津駅前ストリート倶楽部さんの開催する「津駅前ストリートまつり」にて、リアル謎解きアトラクション 第7弾「津駅前の潜伏者からの挑戦状」を開催してきました。

開催、前日。


めちゃくちゃいい天気!
明日は屋外&周遊謎解きなので、このままの天気でいってくれ~~~!




という願いもむなしく、紙制の看板がふにゃふにゃになるぐらいの大雨。
たまに小雨。

スタッフ一同、搬入でびしょ濡れ。


前払い制ではないので、キャンセルたくさん出るパターンです。




が、しかーし!
さすが謎解き好きのみなさん!

なんと、第1部、第2部、第3分ともに、全員参加していただきました!
スゴイ!
ありがとうございます!




外をグルグル回っていただいたり、室内でガッツリ小問と向き合っていただいたり。


爆弾が設置された、いかにも怪しい部屋で


そこに設置された怪しいパソコンと怪しいカードを使って、


最後の謎を解いていただいたりと、雨の降る寒い中、参加者のみなさまに大変盛り上げていただきました~!



・会場や景品などをご協力いただいた津駅前ストリートクラブのみなさま。
・雨の中ご参加いただいたみなさま。
・ボランティアで手伝っていただいたみなさま。
・広報の協力をしていただいたみなさま。

本当に、本当にありがとうございました~!


ちなみに、時間内の脱出は、1チーム(59分)のみでした。




2015/4/5(日)【津駅前の潜伏者からの挑戦状】の様子です。「楽しかった!」「スリリングだった!」とのお声をたくさん頂きました!その様子が少しでもお伝えできれば幸いです!※撮影時ネットに顔出しOKかどうか確認させて頂きましたが、もし削除希望の方がいらっしゃいましたら一言メッセージをお願いいたします。
Posted by リアル謎解きアトラクション on 2015年4月5日


2015/4/5(日)【津駅前の潜伏者からの挑戦状】謎解きの様子を動画で撮影しました。(※音が出ます。)
Posted by リアル謎解きアトラクション on 2015年4月5日

【報告】 「交流会」をつくるという交流会 in 鈴鹿

どうも。カワキタです。
本日は、わかる人が見ればわかる(わからない人が見ればわからない)。

そんな、日本一短い駅名「津駅」からスタートでした。
いい天気です。

電車に揺られること20分。


到着したのは「白子(しらこ)」と書いて「しろこ」と読む、鈴鹿市の白子駅です。

さすが鈴鹿市。
白子駅の前でもF1アピールです。

それにしても、ホントいい天気。


本日お邪魔したのはこちら


白子駅前のイオン。
通称「サンズ」。


なぜこちらにお邪魔したかというと、こちらの3階に、鈴鹿市の市民活動支援を行っている民設民営の団体「すずかのぶどう」さんが入っているからなんです。


NPO法人 すずかのぶどう

到着です。


今日は、こちらの交流会を活性化するために、ファシリテーターというか、コーディネーターという立ち位置で、みえ市民活動ボランティアセンターより派遣されました。

「すずかのぶどう」は、昨年、長く続いた組織を大きく大きく改正し、新たに頑張ろう!としているところでして、新スタッフ&理事の方から、交流会の見直しを図りたいとの依頼を受け、私が派遣され、ノコノコやってきた次第でございます。

開始10分前に到着。
鈴鹿ではまったく知名度のない私ですが、会場をのぞいてみると~・・・


誰もいない!

さすが知名度がないだけある!
今日は、これで仕事終了か!?





と思っていたら、みなさんお集まりいただきまして、8名でスタート(最終的には9名になりました)。
まずは「すずかのぶどう」の担当者さまからご挨拶。

で、私が自己紹介。


そのあと、みなさんの自己紹介ですが、せっかくなので、アイスブレイクも兼ねて、他人が自分を紹介する「他己紹介(?)」。


こちらで用意した簡単なシートを使って、他人の紹介文をつくります。


で、発表します。

普段、なんとなくしか聞かない自己紹介ですが、こうすることで、意外に紹介内容が頭に入ってくる上に、「へぇ。そんなこともしていたんだ。」という新たな発見にもつながります。



一通り、自己紹介(他己紹介)が終わったら、本番。
本日のテーマは、『鈴鹿式 わたしたちの「交流会」づくりワークショップ』ということですので、みんなで、今後の交流会をどのようにしていくかを作ってしまおうというものです。



で、まずは参加者のみなさんの想いや「交流会」のイメージを統一しておきたいので、意見出し。


無理やり絞り出…