投稿

2017の投稿を表示しています

【NPO経営戦略10のステップ】団体の強みを生かして活動を加速させよう!

イメージ
定期的にやってくる「ブログを更新しよう」という熱意。
すぐに冷めてしまうんですけどね。

さてさて、9月30日にみえ市民活動ボランティアセンター主催でNPOの方向けに「団体の強みを生かして活動を加速させる!」という講座を行います。

講師は(株)PubliCoの山元圭太さん。

東海ろうきん×コミュニティ・ユースバンク・momoが開催していた、NPOの組織基盤強化の研修会で山元さんのお話を聞き、ぜひ三重のNPOの人にも聞いてほしいなと思ってお呼びしました。

今回は90分という短い時間ですが(組織基盤強化の時は7時間×3日間という内容でしたが)、その中でギュ~と要素を抽出していただき、「NPOの経営戦略10のステップ」をお伝えいただけるとのことです。

これは楽しみで仕方ない。

参加費無料で30名となっていますので、お申し込みはお早めにしていただくことをオススメしています。


詳細&お申込みこちらから


三重県のNPOの皆様、「子どもの未来応援寄付金2017年版」始まっていますよ。締切は10月15日。

イメージ
今年もこの時期になりましたね~。
「東海ろうきん」さんと、みえNPOネットワークセンターのコラボ事業。

子どもの未来応援寄付金

ババンッ!

ってことで、今年でもう3年目になるのかな?

簡単に言うと、三重県内で子どもの健全育成に関して活動しているNPO(法人格の有無は問わない)に対して、寄付金をお渡ししますよ~というものです。
寄付金ということは、補助金でも助成金でもないので、使途制限がなく使いやすい!

昨年度は15万円×1団体と10万円×1団体の計25万円、2団体でしたが、今年度は10万円×3団体の計30万円となりました。

東海ろうきんさんからの寄付金がググンと増えたということですね。

毎年、毎年、コラボしていただいて、本当に東海ろうきんさんには感謝です。

締切は2017年10月15日となっていますので、三重の子どもたちの未来のために仕組みづくりをされているNPOの方は、ぜひお申込みくださいね。

詳細&応募用紙はこちら


出張SANTAS(サンタス)、今日ヒットしていたな~というボードゲーム。9/3「イオン津ショッピングセンター」親子対象編

イメージ
気が付いたら前回の投稿から1ヵ月も経っていますね。
まさに光陰矢の如し。
ヤバイ、ヤバイ。

ということで、2017年9月3日(日)は、3回目となるイオン津ショッピングセンターさんで出張SANTAS親子ボードゲーム体験会でした。


前回同様、マクドナルドのポテトの匂いに誘惑されながらも、10時~16時の6時間開催。 6時間もポテトの匂いと戦うのは、SANTASぐらいでしょう。 いつものように、10時~11時ぐらいは緩やかでしたが(というかお客さんもほとんど来ませんでしたが)、この日は11時過ぎからコンスタントにお客さんが見えて昼過ぎからはほぼ3卓とも埋まっていて、20分~30分で交代していく感じでした。
そして毎回、終了間際がめっちゃ混みますね。 この辺りの調整が難しい。

で、早速本題。

今回、ヒットしていたなぁというゲームたち。

クラッシュアイスゲーム (初登場)
前から存在は知っていたけど、持っていなくて、今回のために購入して参戦。
間違いなく今回のMVP。
休憩も与えられないまま、落とされ続けたペンギン。
ルーレットで出た色の氷を、ハンマーを使って落とし、ペンギンを落下させた人が負けという超シンプルルール。

子どもによっては3歳、4歳でもできていたので、幅広い年齢で遊べる良いゲームでした。
もう1つぐらいあってもいいかなと思いました。
難点は、リスタートがすぐに切れないところ。
準備に時間がかかる上に、部品がよくコロコロ転がってします。
片付けまで含めて参加者と一緒にすると楽しい。



魔法のじゅうたん (2回目)
なぎさまちフェスタに引き続き、2回目の登場。
磁力で引き寄せられている絨毯の上に宝物を乗せていって、重さでバランスを崩した人が負けというこちらも超シンプルルール。

良い意味で見た目が卑怯。
テーブルが空く間の隙間時間とか、試しにやってみますかとか、幅広い年齢の家族構成とか、いろんな場面で使えるオールラウンドプレイヤー。

ペンギン同様、部品は油断すると無くなりやすい。
あと、使いすぎて、ピアノ線が伸びてきたし、磁石が少し弱くなってきました。



ウノスタッコゲーム (初登場)
絶っっっ対、おもしろくない!というワケのわからない自信を持って参戦させたゲーム。
今回のために購入して、テストプレイしたけど、イマイチ盛り上がらず。
まぁ、でも今回のために購入したから持っ…

出張SANTAS(サンタス)、今日ヒットしていたな~というボードゲーム。7/30「津なぎさまちフェスタ」親子対象編

イメージ
2017年7月30日は、「津なぎさまちフェスタ」へSANTAS(サンタス)でボードゲーム体験ブースを出展しました(通称:出張SANTAS)。 主催者発表で8,000人もの来場者があった大イベント。
対象は、親子がメインで、4歳以上に絞らせていただきました。 (一応、大人の方同士でも遊ぶかなと思ってイロイロ持っていきましたが、最初から最後まで親子メインでした) 参加者は、4~8歳の子どもが多かった印象です
SANTASブースは机が2つ。 なぜならスタッフ2人しかいなかったので。 10時~16時過ぎまで、トイレ休憩なし、昼食時間5分という盛況ぶりでした。
もう1つの机は18歳スタッフを信頼して100%任せていたのでよくわかってないのですが、 僕の方の机で、これは人気高かったなぁとか、反応良かったなぁとか、よく回ったなぁというものがいくつかあったので自分のメモ程度に書いておきます。
参考にしていただいてもいいのですが、特に何かデータがあるわけではなく、僕自身の肌感覚ですので、それぐらいの感じで見てもらえるといいなと思います。

魔法のじゅうたん どちらかのテーブルで常に動いていたぐらい人気でした。
見た目が派手(不思議)ですし、ルールもわかりやすいですしね。
ゲームをしないおじいちゃんが「なんや、これ磁石か?」って覗きに来るぐらいですから。

遠巻きに見てても一瞬で理解できるルールです。
インストが10秒ぐらいで終わるって、強みですよね。

年齢問わず好評でした。
ただ部品が小さいので、本当に小さい子どもがいると口の中に入れないかが心配。
あと、1つしかなかったので、片方のテーブルで使っているともう片方のテーブルで「やりたい」といってもできなかったのが改善の可能性アリでした。


ドブル

6歳以上の子ども&保護者の方にウケていました。 ただ、いろんな年齢の子どもがいる場合は、通常のゲームのルールではなく、単純にカードを出しては同じ絵柄を探すということを繰り返していました。 言葉を発しなくても指でさしてOKとか。 それでもウケてましたね。
あとはオリジナルルールで適当に遊びました。 ゲーム性は破綻していても、同じ絵柄を探すってのが楽しいんですよね。
以前に亀山で小学生と遊んだ時は、3~4年生の子たちが永遠にドブルやってましたね。

窓ふき職人
これも「魔法のじゅうたん」と同じで、4歳以…

2017年8月20日に、みさとの学校マルシェでリアル謎解きアトラクションをやります

イメージ
8/20に津市美里町でサルシカさんが開催される廃校を活用した「みさとの学校マルシェ」。 そこにリアル謎解きアトラクションも出店させていただくため、本日、NPO法人サルシカの奥田さんにご案内いただき、2017年4月に廃校となった美里の「長野小学校」へ下見に行ってきました〜。
リアル謎解きアトラクションとしては、写真の家庭科室を使った、脱出系の謎解きを開催しようかなと企画しています。

この部屋に10人ぐらいが閉じ込められて、参加者同士で協力し、部屋にある全ての謎を解いて、脱出できれば成功です。 詳細は決まり次第、アップしていきます。 奥田さん、お忙しい中、ありがとうございましたー!
さて、まずは広報用の素材を決めないと。



【相談メモ】高齢者が働くことのできる機会や場所をつくるため、NPO法人を立ち上げたい

イメージ
高齢者が働くことのできる機会や場所をつくるため、NPO法人を立ち上げたいという、ご高齢の方からの相談。

いまは、60歳になっても、70歳になっても、働かなければ食べていけないという環境だとのこと。

僕らが65歳になる頃には確実に年金もらえないよと言われていますが、当然、いまの65歳以上の方々にも、もらえる人ともらえない人がいる。
もらえる人の金額は、就いていた職業や払った金額に寄るわけで、月6万円~7万円ぐらいの人がたくさん見えるとのこと。

生活保護という選択肢もあるけど、体の動くうちは働いて稼ぎたい。
しかし、働ける場が少ない。
とのこと。

NPO法人の良さと生じる負担を伝えたあと、相談者の方の思いや目的、どのような地域や社会にしていきたいのかということを整理させていただきました。

やはりNPO法人を立ち上げたいということだったので、まずは申請書類に落とし込むことで、見えてくるものがあると伝えさせていただきました。


【相談メモ】母子ケア活動をされている団体の相談がありました

イメージ
今日は、母子ケア活動をされている団体の方の相談を受けました。

まずは団体の成り立ちや活動内容、思いや目指すべきものなどのお話を聞きました。 まだ立ち上がって1年半の団体なんですが、医療的な側面、社会的な側面、両方で取り組みをされていて、純粋に応援したい!と思いました。
お話を聞いていて、単純な母子支援の形で終わるのではなく、社会そのものの仕組みの変化が必要だなと感じたので、継続して社会的インパクトを与えていくための活動資金の獲得(儲けるまではいかなくても赤字がでないレベルの資金)がポイントになってくると思い、その部分を中心的に意見交換させていただきました。

オリジナルボードゲーム(カードゲーム)を作ってみました。カードを回して最高の情報屋を目指せ!「インフォ&パス」

イメージ
どうも。
突然ですが、勢いに任せて、「INFO & PASS(インフォ・アンド・パス)」というボードゲーム(アナログゲーム)を作ってみました。

ボードは使ってないから、カードゲームですかね。

そして、その勢いで、かの有名は「すごろくや」さんで販売していただけることになりました。
すごろくやさん、丸田さん、本当にありがとうございます。

※すごろくやさんでは、インフォ&パスと表記していただいております。


■ルールはシンプル
使うカードは、なんと、写真の通り、13枚だけです。

少ない! そして、ルールはシンプル。
(1) 各プレイヤーに1枚ずつランダムでカードを配る。 (2) 自分の手番になったら、「カードを交換する」か「効果を使う」かを選択する (3) ゲーム終了時に一番低いカードを持っていた人が脱落
というものです。 ただもう少し細かいルールがあるので、初めてプレイされる時は、実際にカードを配り、説明書をみながら一度ゆっくりやっていただけるといいかなと思います。
↓【ゲーム開始の図】



■初心者から経験者までが一緒に楽しめるものを作りたかった ボードゲームの初心者から経験者まで、一度やったらルールを覚え、適度な読み合いと適度な運の要素の中で、シラフでもお酒を飲みながらでも楽しんでいただけたらと思い作りました。
前半は、なんとなく場の流れを読みながら情報を得てニヤニヤする時間。 後半は、いきなり限られた手順の中で計算が始まってヒリヒリする時間。 そんな2つの時間軸でできています。
4人~8人というゲームなのでなかなか遊ぶ機会に恵まれないかもしれないですが、「ちょっとおもしろそうだな?遊んでやろうかな」と思われた方はぜひ手に取って遊んでみてください。
ただカードを回すだけなのに、いろんな読み合いや駆け引きがあって楽しんでいただけると思います。
ワイシャツのポケットに入るサイズなので、学生さんは飲み会の席とかに持って行ってもらっても盛り上がると思います。
こちらからご購入いただけます

■kaidanから生まれた初のブランド
また、このゲームは企画、製作、デバッグを津市のコワーキングスペース「kaidan」で行い、連絡先や販売元もkaidanの名前や住所を借りました。
kaidanでは、こういった小さなものづくりも支援しているんですよね。 たぶん、前回行ったったカードゲーム製作…

カード枚数20枚。シンプルなカードゲームなら2時間で作れるのか?「第1回 限定的カードゲーム製作ワークショップ」でした。

イメージ
前回の投稿から1ヵ月。
早い。

この間、仕事が忙しかったり、生まれて初めてアナログゲームを作って販売していただいたり、胃腸風邪にかかったりとイロイロありました。

そして、「リアル謎解きアトラクションの作り方」の続きも書かないまま、今日は別の記事です。

2017年6月15日(木)に、kaidanにて、「限定的カードゲーム製作ワークショップ」というものを開催しました。


簡単に言うと、「特定の条件でカードゲームを作ってみよう」というワークショップです。
ゲーム製作に詳しいか詳しくないかと言われると、詳しくないのですが、職業柄ワークショップやこういった企画はたくさんやっているので、「面白いゲームをつくる」というよりは「ゲームを作るという過程に触れてみて、様々気づきを得ながら楽しむ」といったことに主軸を置きました。

特定の条件というのは次の通り
【1】企画からデバッグまで2時間で行う。
【2】ボードを使うものはNG。カードのみで作る。
【3】使えるカードは20枚まで。
【4】サイコロや点数チップ等は使用可。
【5】おもしろいかどうかは関係なく、とにかく作る。
といったものです。


参加者は2名。
2人ともある程度ボードゲームは経験しているので、ボードゲームのうんちくは無し。
(そもそもこの企画にボードゲーム初心者は来ないですが)

お菓子を食べながらゆるやかにスタートです。
まずは下のような資料を使い、タイトル、ストーリー、ゴールまでをだいたい20分ぐらいで決めていきます。



20分で決まるのか?と参加者も僕も半信半疑でしたが、サクサクと決まっていきます。

ちなみにタイトルは、「知ったか映画研究家スペシャル」さんのカードを活用させていただきました。

タイトルやテーマをゼロから考えているとどれだけ時間があっても足りないので、タイトルを強制的に(でも楽しく)決め、それにそって物語の背景を作っていただき、ゲームの終了条件(あとで変更可)を設定しました。

仕事でも何でもそうですが、ゴールを決めてからルールを組み立てていくと、すんなり決まるんですよね。
(何度も言いますが、おもしろいかどうかは置いといてです)

ちなみに、参加者お2人のタイトルは
かじり送り」 と 「サムライ バラ色
になりました。

で、次にルール作り。


ここは少し時間をとりました。
20分~30分ぐらい。

僕もこの時…

「リアル謎解きアトラクション」のつくり方を教えてと言われたので(1)

イメージ
スタッフから「謎解きのつくり方を教えてほしい」と言われました。


発端は、2017年5月20日(土)、津市物産まつり内で開催予定のリアル謎解きアトラクション「つぅこども探偵団 謎の暗号と宝の地図」


津市物産振興会さんから「昨年お願いしたやつ(周遊謎)が好評だったから、今年も同じようなのをやってほしい」と頼まれ、はいはいと軽い返事をしたのが、そもそもの発端。

後日、その日が名古屋で行われる研修とバッティングしていることが発覚。
当日現場にいないので、何かあったら対応できない。

昨年も別の予定とバッティングしていましたが、午前中だけ待機できて問題なさそうだったので午後から姿を消すことができました。
しかし、今回は最初から最後まで現場にいることができない。

まぁ、考えていても仕方ないので、これを機に謎解きを作れる人を増やそうと思い、謎づくりに興味のあるスタッフにお願いをして謎と作ってもらうことにしました。



◆頭の中を整理するために

最終チェックするし、今までイベントに関わってもらっているから、できるかなぐらいの軽い気持ちで投げましたが、いろいろと詰まってしまったようで、「作り方を教えてほしい」という相談がきて、話が一行目につながります。

で、せっかくならブログに書いては?という提案も一緒にいただいたので、自分の頭の中を整理するためにも書いてみようかなと思い、書くことに。


良い謎解きとか、良い脱出ゲームのつくり方はわからないけど、「リアル謎解きアトラクション」なら20個ぐらい作ってきたので、正しいかどうかはわからないけど、我流で良ければ教えるよということで情報を整理しました。


しかーし、リアル謎解きアトラクションは、打合せから、チラシ作成、謎作成まで、だいたい僕一人でやっているので、教えてと言われても難しい。
そもそもノートに書いてあるものもこんなのだし。


「小謎って、子ども向けだからこの難易度でいいですか?」
「大謎から作って、逆順に作っていくんですよね?」
「この言葉とこの言葉を合わせるとこうなるようにしたいんです」

まぁ、そうなんだけど。
なんか、しっくりこない。

何がしっくりこないのかを考えたところ、そもそものフレームがブレていることに気づく。



◆どの程度の謎解きにするか枠を決める

いや、自分がいつもできているかどうかと問われると、かなり怪しいんですが、人に聞かれて教え…

プログラミング×リアル謎解きアトラクション「現実世界に隠された謎を解き、仮想世界をプログラミングで救い出せ!」の謎解き作り側の話

イメージ
2017年4月23日(日)に、三重でこども向けプログラミングワークショップを開催している「Little Corder Mie」さんとコラボして、リアル謎解きアトラクションを行いました。

プログラミングと謎解き。

最初、Little Corder Mieの阪さんから「プログラミングワークショップと謎解きをコラボしたものやりたいんですよ」と相談があり、ITとか機械とか好きなので(詳しくはないけど)、「激熱だな」と思い、二つ返事でお受けしました。

Little Corder Mie視点のブログは阪さんが書かれているのでそちらをご参照ください。


1月の打ち合わせ時点で、すでに写真のようなRPG風プログラムができていて、「これは楽しそう。子どもより大人がハマるパターンのやつだな」と思ってました。

実質プログラミング部分もあるので、謎づくりはそれほど時間がかからないかな。
時期的にいまそれほど忙しくないし。

と余裕をかまして、飄々としていたら、次々と予定が埋まってきて…

4/2 亀山謎解き
4/9 津駅前ストリートまつり謎解き
4/23 Little Corder Mie 謎解き
5/20 津市物産まつり謎解き
5/27、5/28 伊勢鉄道コラボ謎解き


あれ?


Aの謎解きを作っている間に、Bの謎解きのチラシを作って、Cの謎解きの打ち合わせをするという状況に突入。

これにプラスして、ボードゲームスペース「santas」のオープン(4/15)や、メインのNPO支援業務があるので、連絡や作成が後手後手に回り、わちゃわちゃと。

基本、リアル謎解きアトラクションは、打ち合わせ、チラシづくり、謎づくりを1人でやっているので、近年稀に見るハードゲイ…ではなく、ハードワーク。


今回、広報や事務局、オープニング作成など細かい部分は全てLittle Corder Mieさんがしていただいたので、謎づくりのみに集中でき、寝ている間に妖精さんとかも助けてくれて、なんやかんやで間に合いました。


当日は快晴。
三重県総合文化センターのこいのぼりが美しく空に映えていました。


参加者は7歳~12歳の子ども27人ぐらい。


オープニングを真剣にみつめる子どもたち。
↓がオープンング

基本的な流れは、
 1)紙ベースの謎と解く
 2)宝箱(プログラム)を入手
 3)プログラムを組み込んで、RPGの謎を解く
 4)新…