スキップしてメイン コンテンツに移動

パソコンに頼らない、カラーに負けない、チラシづくりのコツ教えます「一色で勝負」


ボランティア団体や市民活動団体のみなさま。

講座やイベントのチラシ、会員募集や情報誌などの紙媒体ってどうやって作成し、印刷していますか?

チラシ作成は
パソコン得意じゃないから苦手」とか、
チラシ印刷は
近くの市民活動センターや社協の印刷機(輪転機)を使うから、白黒一色にしてる」とか、
そういう団体の方、多いんじゃないでしょうか。


そこで、で、で。

パソコンに頼らない、カラーに負けない、チラシづくりのコツ教えます!!
一色で勝負

という講座を開催することになりました。



この講座は、津市NPOサポートセンターが主催で「NPOのデザイン力向上のための勉強会」の一環で開催します。


この「NPOのデザイン力向上のための勉強会」とは何か?


地域や社会の問題を解決するのために活動しているNPO。そんなNPOにとって、周りからの応援や支援、協力や共感は、活動をしていく上で大きなパワーになりますよね。でも、なかなか自分たちの活動を伝えていくのって難しい。その「難しい」を、デザインの力でちょっとだけ伝えやすくしてみる。NPOとデザインの可能性について学び合う。それがこの勉強会です。1回だけの参加でもOK。お気軽にご参加ください。

という勉強会です。



僕自身が、15年前に大学を卒業してNPOに就職をしたとき思ったことがあります。


なんてデザインセンスがなく、ITに弱い業界なんだ…と。


しかし、時代が進むにつれ、ITを上手く使って活動をする団体も増えてきました。
(それでもメールアドレスを持っていない団体は山のようにありますが)

デザインの重要性に注目され、ネットプリントの発展により、ステキなデザインのチラシも増えました。


ただ、残念なことに、デザイナーが大切に扱われ、一定の評価を得ているかというと、難しいのかなとも思います。


これはデザイナーに限らず、裏方と呼ばれる職員や理事(事務、会計、労務、資金調達、行政交渉、写真家、IT担当など)も組織の中で大切に扱われているかというと相当怪しい。


NPOで大切に扱われるのは、いつも、「声が大きい人」だったりするんじゃないかとモヤモヤしてたりします。


この世の中を動かしているほとんどの人は無名な人

という考のもと、このまま(これから)NPOに関わってくれているデザイナー(特に若手)にもう少しだけ光が当たればいいなと考え、今回の企画に対しての協力者を呼びかけました。


そもそも、NPOって自身の活動を
「専門家でもなんでもない人に伝えていかなきゃいけない」のに、伝えやすくする手段であるデザインについて無関心でどうするんだ
という思いもありました。


協力を呼び掛けたところ、ありがたいことに自分以外に4人の方にご協力いただけることになりました。

本当にありがたい!


ということで、ダラダラ書きましたが、そんな勉強会の第1回が、2016年1月27日にあります。


講師はこの人

バンッ!


澤 卓哉さん。

1971年9月、三重県松阪市生まれ。
県立飯野高等学校商業デザイン科卒業。
パソコンを使ったデザインが主流になる前から、デザインと印刷の基礎を現場から学ぶ。
その後DTP技術を独学で習得し、フリーランスデザイナーとして独立。
主に紙媒体を中心に様々なデザインを手がけるほか、松阪市の防災キャラクター9体の制作及び、防災紙芝居、防災カルタの制作、松阪商工会議所を中心とした多セクター連携による創業支援事業『松阪商人サポート隊』のロゴ、キャラクター作成なども手がける。
20年以上のデザイン経験と実績を活かし、NPO法人Mブリッジにプロボノとして関わり、現在は「デザインの力で地域を元気に!」をモットーに各地で広報にまつわる講師を務める。
企業、NPO、行政など多様な主体に、“広報におけるデザインの重要性” を伝えることで、デザイン力、文化力の底上げを願い鋭意活動中。

「チラ-1」グランプリのチラシや

松阪市市民活動センターのイベントのチラシを

を作られているデザイナーです。

一色なのに目立つ!

そして印刷機にかけやすそう!


現在、受講者募集中ですので、ご興味のある方はぜひご参加くださいね。

第1 回は「一色で勝負」と題して、ゲスト講師である澤 卓哉さんから、パソコンに頼らず、白黒一色で目立つチラシづくりについて学びます。
市民活動センターなどの印刷機(輪転機)を使ってチラシなどをすることが多いNPO にとって、一色で目立つチラシを作るコツはぜひ押さえておきたいポイントです。
さらに、パソコンでのチラシ作成が苦手な方や、いつもパソコンで作っているけどたまには違う方法でチラシを作りたいという方にもぜひ参加してほしい勉強会です。
■ 日  時  2017 年 1月27日(金)19時~ 21時

■ 場  所  津市市民活動センター ミーティングルーム(津市大門7-15 津センターパレス3 階)

■ 定  員    20 名 (申し込み先着順)

■ 参加費    2,000 円 (2 回目以降割引あり) 
※参加費は勉強会の受付にて当日現金でお支払いください。


こんな方にオススメ︕
● 配色を考えるのが苦手…。
● 印刷機(輪転機)で見栄えの良いチラシを刷りたい︕
● パソコンでチラシを作るのが苦手…。
● チラシづくりのコツを知りたい︕


コメント

このブログの人気の投稿

プログラミング×リアル謎解きアトラクション「現実世界に隠された謎を解き、仮想世界をプログラミングで救い出せ!」の謎解き作り側の話

2017年4月23日(日)に、三重でこども向けプログラミングワークショップを開催している「Little Corder Mie」さんとコラボして、リアル謎解きアトラクションを行いました。

プログラミングと謎解き。

最初、Little Corder Mieの阪さんから「プログラミングワークショップと謎解きをコラボしたものやりたいんですよ」と相談があり、ITとか機械とか好きなので(詳しくはないけど)、「激熱だな」と思い、二つ返事でお受けしました。

Little Corder Mie視点のブログは阪さんが書かれているのでそちらをご参照ください。


1月の打ち合わせ時点で、すでに写真のようなRPG風プログラムができていて、「これは楽しそう。子どもより大人がハマるパターンのやつだな」と思ってました。

実質プログラミング部分もあるので、謎づくりはそれほど時間がかからないかな。
時期的にいまそれほど忙しくないし。

と余裕をかまして、飄々としていたら、次々と予定が埋まってきて…

4/2 亀山謎解き
4/9 津駅前ストリートまつり謎解き
4/23 Little Corder Mie 謎解き
5/20 津市物産まつり謎解き
5/27、5/28 伊勢鉄道コラボ謎解き


あれ?


Aの謎解きを作っている間に、Bの謎解きのチラシを作って、Cの謎解きの打ち合わせをするという状況に突入。

これにプラスして、ボードゲームスペース「santas」のオープン(4/15)や、メインのNPO支援業務があるので、連絡や作成が後手後手に回り、わちゃわちゃと。

基本、リアル謎解きアトラクションは、打ち合わせ、チラシづくり、謎づくりを1人でやっているので、近年稀に見るハードゲイ…ではなく、ハードワーク。


今回、広報や事務局、オープニング作成など細かい部分は全てLittle Corder Mieさんがしていただいたので、謎づくりのみに集中でき、寝ている間に妖精さんとかも助けてくれて、なんやかんやで間に合いました。


当日は快晴。
三重県総合文化センターのこいのぼりが美しく空に映えていました。


参加者は7歳~12歳の子ども27人ぐらい。


オープニングを真剣にみつめる子どもたち。
↓がオープンング

基本的な流れは、
 1)紙ベースの謎と解く
 2)宝箱(プログラム)を入手
 3)プログラムを組み込んで、RPGの謎を解く
 4)新…

NPOが知っておいても損ではない研修型アナログゲーム(ボードゲーム)。

NPOとして、知っておく必要はないけど、知っておいても損ではないかなぁぐらいの研修型アナログゲーム。
もっとたくさんあると思いますが、パッと思いつく限りササッと並べてみました。

「クロスロード」、「ジョイント×ジョイント」、「トータルゲーム」以外はやったことないので、オススメかどうかはわかりません。

「世の中すべてのアナログゲームが研修ツールになるよ」というご意見もあるでしょうが、「ゲーム性」がメインではなく、「学び」を行う上で「ゲーム性」を取り入れたものをご紹介。

参考までに。



【環境】



マイアース
「生き物」カードを使って地球を守る「青い地球プレイヤー」と、 「地球温暖化」カードを使って地球を壊す「赤い地球プレイヤー」に分かれて対戦。
さらに、各プレイヤーは切り札として「人間の活動」カードを使用できます。
プレイヤーはカードを集め、 自分だけの組み合わせ=「マイアース」をつくり、勝負します。 カードの組み合わせに正解はありません。 あなたの考える地球を、自由につくりあげてください。
世界の写真家が撮った、ダイナミックで美しい写真が特徴です。(HPより抜粋) http://myearth.ne.jp/


【SDGs】

2030SDGs (ニイゼロサンゼロ エスディージーズ) SDGsとはSustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略称で、2015年9月の「国連持続可能な開発サミット」で採択された、国際社会が協力して目指すゴールです。2030年に向けた17の大きな目標と、それらを達成するための具体的な169のターゲットで構成されています。
ゲーム「2030 SDGs(ニイゼロサンゼロ エスディージーズ)」は17の大目標を我々の世界が達成していく、現在から2030年までの道のりを体験するゲームです。さまざまな価値観や違う目標を持つ組織や人々がいる世界で、我々はどうやってSDGsの壮大なビジョンを実現していくのでしょうか。ゲームをプレイすること、そしてその後のふりかえりを通じて「持続可能な開発とは何か」を知ることができるのはもちろん、実社会のシフトに必要な要素についても体感的に学ぶことができます。
SDGs02参加人数は最小5人から最大で200人までプレイできるように設計されています。現実社会同様、関わるプレイヤーが多くなればなるほど、ゴ…